« vodafoneのCMで | Main | 久しぶりのトラックバック »

June 23, 2004

EURO2004 SWE-DEN

憎しみのないダービーは正々堂々の2-2 (6/22 デンマーク VS スウェーデン)

イタリアには油断があり、さらに愚か者がいた。
スウェーデン、デンマークは勝利を最後まで求めてプレーした。
その違いが結果としてあらわれたのだと思います。

上の記事のように書いてあるような隣国との関係が理想だと思います。
日本と韓国もこのような関係になればいいなと思います。

|

« vodafoneのCMで | Main | 久しぶりのトラックバック »

Comments

はじめまして、トラックバックさせて頂いたシーナと申します。
いい両国関係ですね。
予定調和のサッカーをしたんじゃなかったと分かって嬉しいですね。
これで、ケチつく事無くもっといいサッカーを両国に期待できます。
突然失礼しました
また、よければお付き合いさせてください
では

Posted by: シーナ | June 24, 2004 at 00:20

→シーナさん
はじめまして。コメント&トラックバック、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
スウェーデン-デンマーク戦(略して、スウェーデン戦)、ニュースでゴールシーンしか見てませんが、トマソンのゴールはすごかったですね。あれが八百長を意図している選手にできるはずがないと思います。

しかし、いくつかのメディアが八百長疑惑を報じてしまっているようで、腹立たしい限りです。

Posted by: じん | June 24, 2004 at 11:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29875/827504

Listed below are links to weblogs that reference EURO2004 SWE-DEN:

» イタリアの予選敗退 [29歳のフットボール]
イタリア・ブルガリア 2-1 デンマーク・スウェーデン 2-2 どちらも鼻血の出 [Read More]

Tracked on June 24, 2004 at 00:18

« vodafoneのCMで | Main | 久しぶりのトラックバック »