« ASIAN CUP2004 GROUP C | Main | 涙、涙……。 »

July 28, 2004

別に引き分けでもいい戦いもたまにはある

サブタイトル:イランの監督は大村昆か?

タイトルの通りです。今日の実況・解説はうざかった。
試合前から、引き分ければ両チーム決勝トーナメント進出ってのはわかってたわけ。
しかも日本は負けたって進出は決まってたわけですから、「絶対負けられない戦い」ではなかったわけ。
そりゃあ勝った方がいいけど。
それを「絶対勝たなきゃいけない」とか「負けられない」とか、煽ろうという発言の連続。
一番気に入らないのは「2位通過だと、次が韓国戦になる。それは避けたい」という発言。
いつ当たったって、一緒だろうが!!
「絶対負けられない戦い」じゃないのか?
後回しにすれば、何かいいことがあるのか?
わからん。さっぱりわからん。

さらに、日本びいきの解説。
そりゃあ日本人だから、日本びいきでも仕方ないとも思うが、あれはやりすぎ。
イラン選手が審判に抗議したら「これはイエローカード出さないと」ですって。
じゃあ、線審に抗議をした川口は?
イエローカードじゃないの?
あの時点で1枚もらってたから、2枚目→退場だったのでは?
そんな程度の低い解説は求めていません。

はっきり言って、うざいを通り越して、殺意を覚えた。
もう角澤、松木コンビは、やめて欲しい。

もう一つ、今日の不満。
ジーコは、何故、交代枠を使い切らないのか?
それ以前に、なぜこの試合もスタメンを固定していたのか?
こういった大会では疲労の軽減を考えるのも、監督の仕事では?
2戦目で予選突破を決めていたんだから、今まで控えだった選手メインでメンバーを選んでもよかったと思う。
「レギュラーと控えに実力の差はない」と言っているあなただったら、なおさら。
後々、この交代の少なさが響く気がしてならない。

試合に関しては、DF陣ありがとう。特に、川口ありがとうって感じで。
あとは、この大会での3試合、ほとんど中盤のルーズボールを取れてませんね。
そこで勝てれば、もっといい結果になっていると思います。

次は、31(土)のヨルダン戦!!
今度も重慶の人々にブーイングを浴びつつ、勝利しましょう。

|

« ASIAN CUP2004 GROUP C | Main | 涙、涙……。 »

Comments

絶対負けられない戦い、と煽った
 →視聴率を上げるために必死なんだよ。勘弁してあげよう。
絶対負けられない戦い、と本気で実況した
 →小一の算数からやり直してくれ。

Posted by: いりえ | July 29, 2004 at 00:28

松木角沢コンビについては僕も同感です。最近ではダンディー坂野を見守るような気持ちで彼らの放送を聞いています。報道ステーションではあんなに分かりやすく解説してるのに同じ局とは思えませんね。川添さん、福田さんの解説陣が見てみたいです。角沢に関しては川平弟がそもそもの元凶なので、何気なくジョンに変えてみると良いかもしれないですね。

Posted by: さわ | July 29, 2004 at 00:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29875/1075273

Listed below are links to weblogs that reference 別に引き分けでもいい戦いもたまにはある:

« ASIAN CUP2004 GROUP C | Main | 涙、涙……。 »