« 初めて波田陽区を見た | Main | ダメだったか… »

October 31, 2004

今週のJリーグ評

夢に出てきた安倍なつみに恋をしてしまった、じんです。こんばんは。
いつものように午後まで夕方まで寝てしまい、テレビ中継された鹿島VS横浜を見逃してしまいました。
何やってんだ、俺。
今から、スーパーサッカーを見ただけなのに、J の総評をしてみます。

浦和、優勝にまた前進 C大阪に2-0で快勝

totoの予想との食い違いも同時発表!!当たらんもんやなぁ。

●鹿島 3-1 横浜
サポーターとの揉め事の後なので、鹿島は絶対負けたくない。
んで、2年連続完全優勝を狙うマリノスも、負けられない。
強豪同士の試合らしく熱い試合になったようです。
本山は、またマリノス戦で退場したみたい。鬼門か?
結果は小笠原のFKから3点取った鹿島の勝ち。
マリノスは…優勝はほぼなくなりましたね。
今からチャンピオンシップに向けて調整しましょう。
totoは、ボタンの押し間違いにより当たりました。

●新潟(11/10に延期@国立)柏
中越地震の影響で、延期。
頑張れ、新潟!!
totoは全員正解扱い。

●清水 1-2 名古屋
毎年のことながら、いつも真ん中くらいの順位でウロウロしている両チーム。
今日の特筆は、清水・澤登のゴール。
素早くディフェンスラインの裏を取り、胸トラップで反転、飛び出す楢崎の上にボールを通してゴール!
34歳とは思えねぇ。シンガポール戦に召集されても文句はない。
totoは引き分けにしてたので、はずれ。

●大分 2-0 神戸
これといって書くことがない。
どっちも波がデカイ。
いい時はいいのにね。
神戸が勝つと思ってたのに。はずれ。

●東京V 1-2 磐田
磐田は世代交代を意識した布陣。
それが功を奏したのか、前半で2得点。
ちょっとづつあげてきましたね。
ヴェルディも波がでかいねぇ。
引き分けがないってどういうこと?
森本ゴールおめでとう。
ヴェルディの波を読みきれず、totoははずれ(引き分け)。

●C大阪 0-2 浦和
優勝に突っ走る浦和と、降格へ突っ走るセレッソ。
チーム力の差は歴然ですわ。
バックパスを田中達也がさらって1点。
エメルソンの技術で1点。
セレッソはよっくんが久しぶりのレッド(鈴木啓太へのエルボー)。
もう決まりですな。
ここを外した奴はいないでしょう。totoはあたり。

|

« 初めて波田陽区を見た | Main | ダメだったか… »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週のJリーグ評:

« 初めて波田陽区を見た | Main | ダメだったか… »