« 一日遅れの週末考 | Main | 目が痒い »

February 28, 2006

あってはならないこと

罵声を浴びたエトーが交代を希望=スペイン

バルセロナのエトー(カメルーン代表)が、試合中に相手チームのサポーターから、人種差別的な罵声を浴びてピッチを去ろうとしたそうだ。
結局は仲間の説得を受けてピッチに残ったそうだが、出来ることならその不愉快な場所から一刻も早く立ち去りたかっただろうな。

ヨーロッパでは多くの黒人選手が活躍してる。
そして、いまだに彼らへの人種差別が行われてる。
相手チームの選手に罵声を浴びせることは別にいいと思う。俺もやるし(必要以上に)。
でも、人種差別はしないし、しちゃいけない。
こんなことを21世紀にもなって言わなければならないとなると、人類はしんかしていないということになる。
最後に

アホはサッカーを見るな!

ちなみに、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)の規則で、人種差別的な行為をしたサポーターは無期限の観戦禁止、そのサポーターのいるチームは多額の罰金を支払います。

|

« 一日遅れの週末考 | Main | 目が痒い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29875/8871255

Listed below are links to weblogs that reference あってはならないこと:

» エトーが人種差別でプレー放棄 [きまぐれ日記]
リーガ・エスパニョーラ25節第2試合バルセロナ対サラゴサ戦75分過ぎ、サラゴサのサポーターから人種差別的発言を受けたバルサのエトーが、交代を直訴。ライカールト監督やチームメイトの説得でエトーはピッチに復帰したが、このために試合が中断する騒ぎがありました。はっき...... [Read More]

Tracked on March 01, 2006 at 00:34

« 一日遅れの週末考 | Main | 目が痒い »