« 関係者各位 | Main | ドワンゴカップ »

August 03, 2006

亀田興毅VSランダエタ

社長と会社の近くの寿司屋で見てた。
1Rのダウン。
ダウン後もランダエタのボディーが効いて、足が止まる。
手数で負ける。
有効打の数もランダエタ。

どう考えてもランダエタの勝利。
ジャッジが1-1になった時点で疑問符。
ありえない。

間違いなく、今年の2大ありえないニュースの1つ。
(もう一つはクロアチア戦の柳沢)

亀田家が悪いんじゃないな。
T○Sを筆頭とする亀田家で一儲けしようとしている奴等が、ボクシングを汚したんだ。

おかげでずっと機嫌が悪い。

|

« 関係者各位 | Main | ドワンゴカップ »

Comments

テレビ朝日では猛バッシングしてるみたいだね。

本番では未知の11R以降も見てられませんでした。
明らかにランダエダよりスタミナ不足。
判定が決まったものはしょうがないので、
防衛戦にふさわしい相手で文句を言わせない
勝ち方でもしないと世間は納得しませんよ。

Posted by: ヒロシ | August 03, 2006 at 11:02

判定中の非常に弱気になった彼の顔が印象的でした。
自分自身、負けると思ってたんだろうね。

ボクシングのジャッジは一般人と違う基準なんでしょう。
昔の鬼塚vsタノムサク戦なんかもそうだったし。

個人的には試合結果よりも前の方に座ってた内田裕也が気になった。

Posted by: みわやき | August 03, 2006 at 11:12

→ヒロシ
まぁ、他の局は冷静な目、もしくはそれ以上の厳しい目で見るだろうからね。
11Rはスタンディングダウンを取られてもおかしくなかった。
今回負けて、リベンジってシナリオの方がよかったけどなぁ。
最近、メディア嫌いです。

→みわやき
判定の前から、というか、ダウン直後から彼の顔は明らかに弱気になってましたね。
一般人と違うジャッジなら、判断基準を教えて欲しい。
ホームタウンデシジョンにもほどがある。
ちなみに社長は、判定の直後、納得いかないあまり『コミッショナーに電話する』と言って、日本ボクシングコミッショナーに直電してました。
出なかったけど。

Posted by: じん | August 03, 2006 at 14:04

マストシステムなのに3Rに両選手に10点入れてる金さん…。
負けてリベンジは俺も同感。防衛戦をせずにベルト返上も
ありえるそうでなんでもありですねこの人たち…。

Posted by: ヒロシ | August 04, 2006 at 00:18

金さんはジャッジの資格ないのでは?

防衛戦なし?
ありえへんな。
自分より強い奴とやらなかったら、チャンピオンにはなれるけどね。

Posted by: じん | August 04, 2006 at 01:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29875/11236794

Listed below are links to weblogs that reference 亀田興毅VSランダエタ:

« 関係者各位 | Main | ドワンゴカップ »