« 第3節ヴィッセル神戸戦 | Main | ダメ週末 »

March 19, 2007

マリノス考

開幕から3試合。
甲府-横浜FC-神戸、という昨年、今年の昇格組との3試合を1勝2敗(得点2、失点5)。
2シーズン連続で9位に終わり、「今年こそは」と思っているサポーターの期待に沿う結果には程遠い。
今オフのリストラ、補強?(笑)、監督人事など、いろいろな問題があるが、ここまでの試合で問題になっているポイントを自分なりに考えてみたい。

○隼磨のポジション
現在のマリノスのフォーメーションは4-4-2。
隼磨は右サイドバックをやっているが、これに問題がある。
私見だが、隼磨はサイドバックには向いてない。
向いてないというより、ウイングバックタイプの選手だと思う。
サイドバックの位置だと、攻撃参加に時間がかかる。
それによって、右サイドの攻撃が効果的にならない。

○左サイドバック
攻撃サッカーを標榜する監督が、サイドバックに攻撃面であまり持ち味のない那須を使う理由がわからない。
攻撃面での那須のよさとは何だろう?
強いてあげるならヘディングくらいではないだろうか?
ヘディングが持ち味のサイドバック?全くわけがわからない。

○ボランチ
昨日は上野が入っていたからまだ良かったが、ボランチの球捌きが悪い。
特に河合は、ボランチとしては足元が物足りなさ過ぎる。
上野を中心にボランチは考えるべき。

○ポストプレイヤーとその周りの距離
鈴木、大島、マイクら、ポストプレイヤーを真ん中に据える3トップ。
このシステムで重要なのはポストプレーヤーと周囲の距離だと思う。
いくらいいボールがポストプレイヤーに入っても、周りに選手がいなければ、その後の展開が望めない。
後ろからの押し上げが足りない。

○選手の精神力
試合終了まで戦ってない。
自信も、危機感もない。
そう言う感じがする。
コミュニケーションも足りないようだ。

今まであげた問題点に対する解決策。
○フォーメーションは3-5-2。
DFは中澤-松田-栗原
右:隼磨、左:田中or小宮山
ボランチは、上野と河合or那須

これでだいぶ違うと思う。
絶対。

監督がアホなのだから、選手が自分で考えて動くといい。
スタメンは選手では決められないけど。

|

« 第3節ヴィッセル神戸戦 | Main | ダメ週末 »

Comments

監督が決まった瞬間「今年こそは」と思えるヤツがいたらポジティブにも程がある。

あとはキミの言う通り。試合中に監督指示のフォーメーション無視して3-5-2でやるの、面白いね。
メンツ考えりゃ、それなりに勝てるメンバーだし。純和風でいけるよ。

Posted by: 旦那ァ | March 19, 2007 at 23:48

俺は監督が決まった瞬間に、今シーズンへの希望を失ったよ。

3-5-2で普通にやってりゃ勝てるメンバーだと思います。
純和風でいいよ。

Posted by: じん | March 20, 2007 at 02:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29875/14309836

Listed below are links to weblogs that reference マリノス考:

« 第3節ヴィッセル神戸戦 | Main | ダメ週末 »