« 熊本空港から | Main | 帰省記2~法事と飲み~ »

May 15, 2007

帰省記1~羽田ダッシュ~

5/11
定時で羽田空港に向かう。
18時35分ごろ、羽田空港着。
改札出てすぐの自動搭乗手続機で搭乗手続き、と思いきや!

「搭乗手続きは締め切りました」の文字。

「あ゛ぁ゛!?俺が手続してへんのに、何で締め切んねん!?」とANAのカウンターへ。
ANAのカウンターの方々も「もう締め切っておりますので、登場できないかも知れません。」ですって。
この時、俺がものすごい形相をしていたのだろう、ANAの方々の顔が恐怖にゆがんでいた(気がした)。
何とか搭乗手続きをしてもらい、手荷物検査場へ。
ANAの方が列に並んでる人々にお願いしてくれて、すぐに手荷物検査が出来る状態になった。

がっ!!

『バッグの中にパソコンがあるなら、出してください』

ファッ~~~~ク!!!!
仕事帰りだったので、PCがバッグの中に入っている。
急いでいるのにも関わらず、バッグからPCを出すというタイムロス。
「何でそんな面倒なことをせなならんねん!!殺すぞ!!!」と口に出ていたのは言うまでもない。

無事に通過し、PCをバッグ。に入れて、58番搭乗口へダッシュ!
左手には仕事用のバッグ。
右手には着替えなどが入ったバッグ。
両方とも、約5キロ。
それを両手に抱えてダッシュ。

「すいません」
「すいません。通してください。」
「どけ、ボケ、殺すぞ!!」
といいながらダッシュ。
どのくらいの距離かは分からないが、無事に搭乗口に到着し、ゲート(?)を通過。
あんなにダッシュしたのはいつ以来だろうというくらいダッシュした。
しかも、スーツ。
とまらない、汗。
整わない、呼吸。
飛行機に乗ると、キャビンアテンダント総出で心配された。
水を2杯もらい、席に着く。
機内ではほとんど寝て過ごしたが、汗びっしょりで気持ち悪かった。

空港に着き、手荷物を預けていない僕はそのまま到着ロビー的なところへ。
そこには幼稚園から中学校まで一緒だった、マイミクのいたさんとヒロシくんが待っているとのことだったので、二人を探してみた。
ヒロシくんはすぐ見つけて、再会を果たしたが、いたさんがいない。
ヒロシくんが指差す方向にいたさん。
お互い気付かずにスルーした。
後ろから呼んで、いたさんとも再会。
16年ぶりの再会は、なんだかちょっと照れくさい感じがしたなぁ。
いたさんの車で近く(?)のショッピングモールまで行き、晩飯を3人で食べる。
中学の頃にはなかった3人の組合せではあったね。
翌日も仕事だといういたさんと別れ、ヒロシくんの車で実家まで送ってもらう。
(車を乗り換えた時に、2人の車の曲がかぶってて面白かった)

途中、八代(熊本)の田舎っぷりを堪能。
「居眠り注意」の標識(絵は目を閉じていた)。
「この先信号あり」の標示(書かんでもわかるやろ)。
つぶれるオーラ全開のジャスコetc。

家に届けてもらい、ヒロシくんと別れる。

実家にて、最愛のメイッコと再会。
最初はビビッてたけど、すぐになれた様子。
兄貴とエビス2本空けて、風呂入って就寝。

返す返すも、いたさん&ヒロシくん、ありがとう!!!
そして、羽田空港のANAのカウンターの人、手荷物検査場の人、ごめんなさい!!

|

« 熊本空港から | Main | 帰省記2~法事と飲み~ »

Comments

The comments to this entry are closed.