« バカをみる会2 | Main | 急遽、送別会 »

August 28, 2007

ファッキン冷蔵庫

こんなファックな出来事はない。

家に帰って、ふと見ると冷凍庫が半開き。
氷やら霜が溶けて、床にダラダラ垂れている。

『ファック』と呟く。
タオルをありったけ持って来て、水を拭き取る。
冷凍庫内もチチカカ湖のように澄んだ水を湛えている。

面倒臭くなった俺は、冷蔵庫をしばらくベランダに置く事にした。
何も入ってないし、また水が垂れたらかなわんから。
そう思って冷蔵庫を担いだ瞬間、持つ場所が悪かったらしく、天板が外れて冷蔵庫は床に落下。
気を取り直して、再び運ぶ。
窓に差し掛かる。
窓を開けて外に出ようとした瞬間、左手人差し指を壁と冷蔵庫の間に挟む。
冷蔵庫をぶっこわしたい衝動にかられながらも、何とかベランダに設置。

後は、全部溶けた頃に再設置するか、捨てるかを決める。
元々、天板から水が滲み出るようなボロだし、何も入ってないので、無くなっても構わんのだし。

今日の作業の結果
・冷蔵庫の天板損壊
・床に傷、凹み
・指負傷

一気に機嫌が悪くなりました。

|

« バカをみる会2 | Main | 急遽、送別会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バカをみる会2 | Main | 急遽、送別会 »