« 早出勤中 | Main | 続・敬語で言ってみようシリーズ »

October 05, 2009

最近気になったことを二つ

mixiニュースで見て気になったことをことについて。


その一。
岡田武史サッカー日本代表監督が、『スーパーサッカー』の番組内で、目標と掲げる『W杯4強』を否定されて、激怒したらしい。

【Sports Watch】岡田監督、インタビューに「もう二度と出ねえ、この番組」
http://news.livedoor.com/article/detail/4378367/

岡田監督は、
『無理といってたら、何も出来ないんだ!』
『日本が4強になれる確証?じゃあ、ブラジルやドイツが4強になる確証がどこにあるんだ!?』
とご立腹だったらしい。
それは全くもってその通りで、信念をもって仕事してたら、怒るのも無理はないかなと思います。

しかし、じゃあ何で目標が『W杯優勝』じゃないんでしょうか?
『4強はいけるけど、優勝は無理』
と思ってるからこその『W杯4強』なのではないでしょうか?
どこかで負けることを見越した目標設定に疑問を感じています。
誰よりも日本代表のことを考えている岡田監督が優勝を掲げない状況がちょっと悲しいです。

その二。

ある調査で、日本人が1番、自国に対して誇りを感じていないという結果になったらしい。

<調査>自国への誇り、最も高い国は豪、中国は7位、日本は最下位―英誌
http://news.livedoor.com/article/detail/4378367/

これが本当なら、由々しき事態である。
自分の国が愛せない、誇りに思えないということは、自分の国の将来に希望が持てないということであり、多くの人がそういった気持ちであるということは、国としては危機的状況である。

なぜ、誇りをもてないのだろうか?

理由の一つに、第二次大戦(太平洋戦争)があると思う。
あの戦争とその結果が、日本人が「愛国心」を持ちにくい雰囲気を作ってしまったのだ。
日本という国への愛を語ることが、悪いことのような雰囲気になってしまったのだ。
あの戦争は愛国心が起こしたものではなく、愛国心を利用した軍国主義が起こしたもので、愛国心自体は忌み嫌うものではないと思う。

あとは、欧米の文化をよく理解、吟味しないまま大量に輸入してしまったのも原因だろう。
日本の文化・風習がおかしなものだと思い込まされてしまっている。
欧米から見たらおかしい?
こっちから見たら、欧米だっておかしい。

第二次大戦(太平洋戦争)でボロボロになった国が、20年足らずでオリンピックを開催し、40年ほどで世界2位の経済大国となったのだ。
こんな国は歴史上見ても、日本しかないのだ。
これは十分に誇りに思っていいことだと思う。
働きすぎだと言われるが、勤勉であることを否定する文化などどこにもない。
勤勉であることは素晴らしいことなのだ。

どうか、日本に生まれたことを、日本人であることを誇りに思って欲しい。


※酒は一滴も飲んでいません

|

« 早出勤中 | Main | 続・敬語で言ってみようシリーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 早出勤中 | Main | 続・敬語で言ってみようシリーズ »