« 言いたくなっただけ | Main | 梅雨入りった? »

June 15, 2010

カメルーン戦を考える(ほんとに)

http://jinlovesfootball.cocolog-nifty.com/jins_blog/2010/06/post-cdb9.html

試合前に書いたように、カメルーンの連携・コンディションが悪ければ、日本にも勝つチャンスがあるとは思っていましたが、カメルーンがあんなにひどいとは思いませんでした。

エトオなんて、全く目立たなかったし。
『長友がエトオに勝った!』
みたいな論調を耳にしましたが、あれは長友が勝ったんじゃなくて、エトオが勝手に負けていったんです。
あれはW杯に出てこれるようなチームではないですね。
下手したら、予選は3連敗するのではないでしょうか?
毎回W杯直前にドタバタを繰り返して、本来の力を発揮できずに負けているのに、なぜ同じことをくりかえすんでしょうか?
バカ?
国を挙げてのバカ?
力はあるはずなので、ちゃんとした代表チーム作りをして欲しいものです。

相手のことはさておき、日本の試合っぷり。
昨日の試合は、とりあえず、ディフェンスがよかった。
ブロックを作ってしっかり守るという戦術が徹底できていたのがよかったですし、ここ何試合かではなかった『球際での気迫』が感じられました。
1点気になったのは、後半、カメルーンのシュートがバーに当たった場面で、闘利王のボールへの寄せが甘かったこと。
シュート打ってくると思ってなかったためと思われます。
きっちり寄せていれば、肝を冷やすこともなかったのでは?
修正して欲しいところですね。
※寄せていたら寄せていたでオウンゴールなんてことも…


攻撃面では、チャンスの数が少なく、かなり物足りなかったのですが、数少ないチャンスを決めることが出来ました。
本田のゴールも落ち着いていてよかったのですが、あの得点シーンでは、松井のクロス前のフェイントと大久保の潰れが得点を生んだといってもよいでしょう。
ずっと右でクロスをあげていた松井が右で蹴ると見せかけて左で蹴ったセンタリングは、前でマークについていた選手も、中で守っていた選手も意表をつかれました。
そして、中で大久保がディフェンスをひきつけたことで、本田がフリーになったわけです。
※オシムも言ってましたが、むこうのディフェンスは何で大久保に2人もついたんでしょうね?

ただ、パスミスが多かったのは今後の課題でしょう。
危ない場所で奪われたことが何度かありましたし、チャンスを自ら潰した場面もありました。
予選突破への希望も見えてきた今、そういったつまらないミスで予選突破の道を閉ざさないようにして欲しいと思います。

この大会はこのフォーメーション、メンバーで行くのがベストでしょう。
交代選手をどう上手く使えるかがポイント。
基本的に、昨日のディフェンスを基礎として、オフェンスの質を高めていけば、予選突破も夢物語ではないでしょう。

次はオランダ戦。
デンマークと2位争いをするならば、1点差負けまでで抑える必要があります。
万が一引き分けちゃったりなんかしちゃった日にゃあ、、、、、、、、、、、おしっこ漏らします。

というわけで、頑張れニッポン!

|

« 言いたくなっただけ | Main | 梅雨入りった? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 言いたくなっただけ | Main | 梅雨入りった? »